おひとりさまが住むならこんな街!田町・三田編

山手線の沿線に住んでみたいという方も多いでしょう。そんな中で暮らしやすい場所を考えた時、歴史と新しい開発の両方が見られる地域が田町エリアです。

現在の第一京浜は旧東海道で江戸時代から旅をする人に使われていた道。歴史的なスポットが多くある一方で、芝浦口は漁村から発展して埋立地が広がり、タワーマンションが並ぶあこがれの場所ともなっています。

新旧あわせもった魅力を持つ町、田町・三田。今回はそんな地域を「暮らす」の観点から見ていくことにしましょう。

 

山手線の内側と外側が対照的な街

JR山手線・京浜東北線が通る田町駅は1909年開業。110年以上の歴史を誇ります。その後1968年に都営浅草線、1973年に都営三田線の三田駅が開業してあらゆるエリアにアクセスが良くなりました。田町駅と三田駅は地上と地下ではありますが、徒歩5分以内で乗り継ぐことができます。

実は「田町」という地名は、町の名前としてはありません。田町駅より西の内陸側は港区芝や三田、海側は港区芝浦となっています。

LIFULL HOME’Sの調べによると、田町駅近くの家賃相場は1K~1DKで10.3万円〜13.6万円程度となっています。山手線沿線ということで平均家賃は高いですが、全体的に高い港区の中では比較的手軽に住めるエリアでもあります。区の施設なども豪華なものが多く、豊かな行政サービスが受けられることは大きな価値ともいえるでしょう。

田町は、駅ナカの施設はそれほど大きくありません。駅舎や、駅に隣接するビルには飲食店が入っていたりしますが、あまり大きな商業施設や物販の店舗はありません。

駅前のTSUTAYAは古くからこの近くの学生さんたちに広く使われていましたが、2020年7月にカフェやコワーキングスペースを併設した形でリニューアル。1階は書店&カフェとなり、ちょっとした待ち合わせにも使いやすくなりました。

現在JRの線路を挟んで三田側と芝浦側に行き来できるのは、田町駅の自由通路沿いと、少し北よりにある本芝公園から出ている線路下の通路の2か所しかなく、注意が必要です。現在この線路沿いの地域は大規模な再開発がされており、それが完了した折にはもう少し便利に行き来できるようになりそうです。

 

慶應義塾大学と芝公園にむかう下町風エリア

田町駅から慶應義塾大学の三田キャンパスへ向かう道が一番人通りが多い道となっています。途中には手ごろな価格の飲食店が多く、港区立三田図書館もあります。150席以上ある読書席やパソコンスペースなども充実しており、アクセスの良さから常に多くの人でにぎわう図書館です。

三田エリアは慶應義塾大学をはじめ、付属の中・高校など学生が多いため、手ごろなファミレスが多くあります。三田通りぞいには、サイゼリヤやガスト、サンマルクカフェといったお店がありますが、いつも学生さんが多くいるので、どのお店もにぎわっています。

三田通りの手前には、慶応仲通り商店街もあります。ここは細い路地に小さな飲食店が並ぶエリア。決して学生だけの街、というわけではなく、大人も満足できるセンスのいいお店が沢山並んでいます。和食系の居酒屋が多くを占めていますが、ピザのお店やスペインバルなど、各国の味が並んで毎日通っても飽きないエリアです。

そして、三田通りを渡ると慶應義塾大学の三田キャンパスがあります。慶應生の3年生以降(文学部は2年生以降)、多くの文系学部がここで学んでいます。社会人が広く通えるオープンカレッジや外国語講座もこのキャンパスで開講されています。

暮らしやすい施設がどんどん増加!の芝浦エリア

一方、田町駅東口からアクセスできる芝浦エリアは近年開発がめざましいことで有名です。

駅前には、オフィス、店舗、ホテルなどが入る大規模コンプレックス、「msb(ムスブ)田町」が2020年9月にオープンしています。ここの1階には、スーパー「ライフ」もオープン。庶民価格のスーパーが駅前にオープンしたということで、この辺りの住民には貴重な存在となっています。

芝浦工業大学の芝浦キャンパスも駅の近くにあります。その名の通り芝浦が発祥なのですが、現在はほとんどの学部が大宮や豊洲のキャンパスに移ってしまっています。今はデザイン工学部の3、4年生がこの芝浦キャンパスで学んでいます。

田町駅からなぎさ通りをまっすぐ進むと、橋を渡って芝浦アイランド(島)に。ここは多くのタワーマンションが建っているエリアです。公園や水辺の遊歩道も整備されており、日々の暮らしが楽しくなりそう。余裕があればおひとり様向けの間取りの物件も多くあり、ペットと一緒の暮らしを楽しむことができます。

芝浦口から浜松町方面に向かうと、次々と新しい開発地域が出てきます。東京モノレールが頭上を走る向こうには、区役所の支所や港区スポーツセンターなどを含む施設「みなとパーク芝浦」があります。港区スポーツセンターはジム、スタジオ、プールなど充実しており、区民なら1回500円で使えるお得な施設です。この近辺は今後も様々な施設が建設される予定です。

終わりに

いかがでしたか?山手線の中ながら、住宅が充実している街、田町・三田。歴史ある街並みの一方で、新しい開発が進み活気のあるエリアです。皆さんもぜひ実際にこのエリアを訪れて、お気に入りの場所を見つけてくださいね。

2020年12月30日 | Posted in 住みたい街探し | | No Comments » 

関連記事