おひとりさまが住むならこんな街!町田編

テレワークなどが広がっているこの頃、通勤時間よりも住まいそのものの環境が重視されるようになってきています。

そんな中都会にも山にも海にも短時間で行けるコンパクトな街として注目されているのが町田です。駅前には多くの商業施設があり、遠くに行かなくても普段使いの買い物はなんでもOK。「SUUMO住みたい街ランキング2020 関東版」ではベスト50にも入っており、住んでいる人はずっと住み続けたいという声も多い場所です。

今回はそんなちょうどいいサイズの街、町田を「暮らす」の観点から見ていきましょう。

駅前の充実ぶりにびっくり!ファッション、大型スーパーにアミューズメント施設まで

町田駅は小田急線とJR横浜線が交わっている場所。新宿と横浜にそれぞれ30分ほどで移動することができるほか、電車1本で箱根や江の島へも行けてしまうアクセスの良さ。都心に住むよりも海や山が近く感じられる場所です。

2つの駅はペデストリアンデッキ沿いに5分ほど歩く距離にあるので、乗り換えは少し時間がかかります。しかし、このペデストリアンデッキ沿いが商業施設の宝庫なのです。小田急百貨店、丸井、ルミネ、ショッピングセンターのMODIなど何でもそろっています。ヨドバシカメラなどの家電量販店もありますし、チェーン店でないものはないと言えるほどです。

毎日の買い物も、小田急駅前の西友が24時間営業であるほか、JR側には東急ストアやダイエーもあり、どこを使おうか迷ってしまうほどです。また、都心にはあまりないアミューズメント施設としてはラウンドワンも。ボウリングやバッティングセンターのようなストレス解消が徒歩圏内でできるのも楽しいですね。

LIFULL HOME’Sの調べによると、町田駅近くの家賃相場は1K~1DKで6.5万円~8.1万円程度となります。やはり都心に比べると圧倒的な安さ。駅から10分以上歩くと多くが一軒家になるため、マンション物件は比較的駅に近い物件が多くなっています。

ただし、先ほども述べたように小田急線と横浜線の駅は少し離れており、「駅前」と言われる範囲はかなり広いため、どの線を使うかや、どのような施設が近くにあったら良いか、などを考えて選ぶのが良いでしょう。

市役所や市民ホールも徒歩圏内!行政サービスも充実

街によっては、行政の中心はターミナル駅から離れていることも多いのですが、町田市は市役所が徒歩8分ほどの便利な距離に。2012年に建て替えられた庁舎は広く、バリアフリー化も進んでいます。1階にはカフェやコンビニもあって普段使いもできる便利さです。

市役所に隣接しているのは、町田市民ホールです。定員800名超のホールは音響も良く、良く知られたアーティストも公演をすることで有名です。会議室や練習室は一般の人々に貸し出されているほか、ホールの舞台を格安な価格で音楽や演劇などの練習に開放している企画が人気となっています。

JRの線路を越えた反対側は、ぐっとのどかな雰囲気になります。流れている川は境川。この川を境に東京都町田市から神奈川県相模原市になります。町田駅から徒歩10分圏内でも相模原市に入ってしまうので、行政サービスについては注意が必要です(相模原市役所はJR横浜線の相模原駅方面になり、少し遠い場所となります)。

この境川ぞいにある懐かしい雰囲気の団地が「森野住宅」。東京都住宅供給公社(JKK)が提供している賃貸住宅ですが、駅から徒歩10分以内、30~50平米の部屋が5万円~7万円程度で借りられるという場所なのです。

建物は1960年代に立てられたものなので少し古いですが部屋はリノベーションしてあり、暮らしやすく改善されています。最大5年間しか住むことができませんが、空き家が出るとすぐに埋まるほどの大人気物件です。

自然を求めるならシバヒロや芹が谷公園へ

町田の駅周辺は大きな商業施設だけでなく、商店街もにぎわっています。ターミナルロードと呼ばれる通りは、大手のドラッグストアや飲食店が並ぶエリア。しばらく行くと「町田仲見世商店街」と呼ばれる横丁があり、レトロな飲食店を楽しむことができます。

駅から10分ほど歩くとほとんどが一軒家のエリアです。ファミリー層に人気のエリアですが、小規模なマンションもあり、駐車場が安くなるので、車を持って生活したい方には良いかもしれません。

芹が谷公園は、自然がいっぱいの町田市民の憩いの場です。「町田市立国際版画美術館」も公園内にあり、美術好きには大変評判の高い場所となっています。ここは2020年から徐々にリニューアルオープンされており、「パークミュージアム」という町田市の多様なカルチャーや市民活動を公園全体で展示する、というコンセプトのもとアートを介した拠点が整備されつつあります。

駅西側の「町田シバヒロ」は一面の芝生が気持ちいい市民の広場です。こちらは元の町田市役所があった場所で、現在は市民に一般開放されているほか、スポーツや野外映画、マルシェなどのイベントに使われています。お昼にはランチを持ち寄ってピクニックをしている人も見かけられます。

終わりに

いかがでしたか?都心から少し離れたちょうどいい街、町田。豊かな環境と、自分サイズの暮らしができる場所として人気が高まっている場所でもあります。

ぜひ皆さんも実際に町田を訪れて、素敵な暮らしができる場所を見つけてくださいね。

 

 

2020年10月11日 | Posted in 住みたい街探し | | No Comments » 

関連記事